Adult Website Design

写真で売上に影響する風俗ホームページ作成

パソコンを使用している男性

ほぼ全ての風俗店では、在籍の女の子を紹介する写真は必須アイテムです。ホームページに掲載することは当たり前ですが、その時に顔出しをするか、隠すかは女の子の意志次第で決定がされています。写真ではっきりと顔出しをすると本指名が入りやすくなるというメリットがあるのに対して、顔を隠しすぎることで身バレに繋がったり、売上が伸びないことに影響するとされています。したがって風俗のホームページ作成では、顔写真の見せ方によっては女の子の存在感が台無しといったことも考えられることです。
写真の見せ方としては、完全露出、口元隠しやぼかし、目元隠しやぼかし、全体ぼかしといった種類に分かれていますが、最近では似顔絵を掲載しているお店もあります。完全に顔がわからないというのは、ホームページ上で女の子を決められないリスクの反面で、お店に行って初めて分かるといった楽しみにもつながっています。
風俗店の写真でかなり残念なのは、在籍の女の子がほとんど全て顔を隠していることです。これは自動販売機で言えば商品すべてにぼかしが入っていて、購入して見ないとわからないといった具合でもあります。近年はネット上から女の子の決定をする傾向が高まっているだけになおさらです。そういう意味では写真の隠しやぼかしよりは、リアル油絵的な加工だったり、リアル似顔絵という芸術的手段はかなり使えるのではないかと考えられますが、いかがでしょうか。

Recommended Contents

Mac

風俗店の系列店のIT投資

最近はすべての商品、サービスにおいてインターネット経由での情報収集、そして購買前のチェック、サ…